美味しく食べて美しく健康に!りんご7976に含まれる栄養を知ろう!

1日1個りんごを食べると風邪知らずだと言われるように、りんごは非常に栄養価の高い食品です。一体どのような成分が含まれているのか、りんごの栄養について紹介していきます。 まずりんごの代表的な成分として、食物繊維のひとつであるペクチンが挙げられます。ペクチンは腸内環境を整えて便秘を解消してくれるほか、コレステロール値を下げるなどの効能もあり、ダイエットにも良いとされる成分です。次に高い抗酸化作用が認められているのが、リンゴポリフェノールです。体内で活性化酸素が増えてしまうことで老化が進みさまざまな不調が生じますが、抗酸化作用が高い食品を取り入れることで活性化酸素を抑制できます。りんごはアンチエイジングや免疫向上にもつながる食品なのです。またりんごにはカリウムが含まれており、体内の余分なナトリウムを外へ出してくれます。この働きにより、血圧の上昇やむくみを防ぐことができます。 このように多くの栄養が含まれるりんごですが、食べ方としてはできれば皮をむかずに食べたいものです。なぜならば、りんごは果実よりも皮に多くのポリフェノールが含まれているからです。またすりおろして食べることで、酵素もしっかりと吸収できます。すりおろしりんごは体内吸収も良いので、胃腸が弱っているときにもおすすめです。甘くて美味しいりんごを、美容と健康に役立てましょう。

「蜜入り」って何?りんご7976の蜜とおいしさの関係

りんごについて、「蜜入り」といった表現をすることがあります。この「蜜入り」とは、果芯が水浸透状になったもののことで、おいしいりんごだと言われています。ですが、この蜜は糖の一種ではありますが、特に甘い種類の糖というわけではありません。それでもおいしいと言われるのは、こうしたりんごはよく日差しが当たっていた果実に多く見られ、よく熟していることが多いので、おいしいりんごであることが多い、という事情によるものです。